単語のアクセント

日本人が大人になってから英語の発音を身に付けるのは、とっても難しいのです。


これに対して、アクセントは、少ししか練習しなくても身に付けることができます。

なんせ、単語の一部を強く言うだけなのですから簡単です。


だから、シャドーイングとセンテンスリピートの練習をするときは、単語のアクセントに注意してください。


次は、「文のアクセント」についてお話します。


シャドーイングの説明のときには、「イントネーション」という言葉を使って説明しました。

「文のアクセント」と「イントネーション」は同じものと考えてください。


日本語という言語は、あまり抑揚(音の強弱)がないという特徴があります。


しかし、英語では強く発音する単語とあまり強く発音しない単語をはっきりと区別しないと、聞き手は正しく理解することができません。


7+Englishから。