交代制で夜勤もこなさないといけない介護

普通、介護士としてキャリアを積んでいくと階級も上がっていきます。

例えば、婦長といったら分かりやすい役職ですが、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。

昨今の介護士不足の影響で、看護学生やパートの介護士も増加しているため、資格を持った正介護士という地位も階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。

一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。

一般に、介護士の仕事のハードさについてはよく認識されています。

特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。

いきなり緊急手術が行われたり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、少々混乱してしまいそうなくらいに次々と仕事が飛び込んできたりもします。

少し長く介護士をしてきておりますが、ちょっと気になることがあって、介護士というのは喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。

禁煙ブームといわれて久しいですし、喫煙の害についてもよく知られてきて、ヘビースモーカーの介護士も減ってはいますが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。

そして、飲み会などでみかける、介護士たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。

こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。

介護施設という場所で働く介護士は緊張の糸を切らすことがなかなかできず、こうした生活が続くと強いストレスを経験することになります。

つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、精神的なきつさも感じることになります。

自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、介護士であり続けるためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。

働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、職場での人間関係のストレスや交代制による不規則な勤務形態があります。

一般的に介護士の多くが女性なので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくありません。

他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。

問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも選択肢に入れておきましょう。


山口県岩国市 行波駅 ホームヘルパー求人