パターに形なし

パターに形なしといいます。

要するに入ればいいということです。


しかしやはり入れるためには理にかなった打ち方をしなくてはなりません。


軌道が安定していれば入るでしょうが、フェースが揺れたり、
ブレたりすればボールは入ってくれません。

最低の基本はあります。


まず正確なストロークをしやすいアドレスを作ります。


谷将貴のゴルフシンプル理論の方法では
ボールはストロークの最下点で打つために体の正面に置きます。


ボールに対して「気をつけ」をして、シャフトの長さに合わせて上半身を前傾させます。


カップに対してスタンス、腰、肩といった、体のラインのすべてがスクエア(並行)に構えます。


両目の目線も大事ですので、必ず両目もカップに対して並行にするように注意してください。